ウイルスの発見と診断

 1970年代には輸血に伴って起こる肝炎が注目されていました。しかし、当初はこの原因が判明されておらず、1989年より前までは、A型肝炎でもなくB型肝炎でもない、輸血によって発症するウイルス性肝炎ということで、非A非B肝炎と呼ばれていました。

 1989年になると、ついにC型肝炎ウイルス発見されました。患者の血漿を接種されたチンパンジーの血漿中からウイルス遺伝子の断片が分離され(米国カイロン社)、C型肝炎と呼ばれるようになったのです。また、同年11月にはC型肝炎の抗体検査(c100抗体、第1世代抗体)が可能となりました。第1世代抗体は、単独抗原に対する抗体測定系で、感染後3~6ヵ月経過しても70~80%しかウイルスを検出できない、検出率が不十分な検査でした。

 1992年2月には、C型肝炎の第2世代の抗体検査が可能となりました。第2世代抗体は、HCV複合抗原に対する抗体検出系で、発症1ヵ月程度で陽性となり、広範囲の抗体検出が可能な検査です。この後、第3世代抗体の測定も可能となっています(第2世代抗体と第3世代抗体は基本的に性能の差はない)。

 

© 朱雀公道 2016